諏訪&蓼科・信州ジビエ

諏訪、蓼科は、長野県のほぼ中央に位置し、八ヶ岳連峰とその北西に広がる霧ヶ峰、高ボッチ、美ヶ原など、素晴らしい自然景観 を有する国定公園「八ヶ岳中信高原国定公園」に位置しています。そして、豊かな自然に恵まれた山の国ならではの食文化として、そこに棲む鳥獣を恵みとしていただくジビエが伝統的に受け継がれてきました。特に、近年その価値が見直され、様々な調理法でジビエを楽しむ機会が増えています。特に信州産のニホンジカは、他の蓄肉と比べカルシウムや鉄を多く含むという鹿肉本来の特徴に加え、繊細な風味をもつジビエとして長く愛されいます。現在、長野県のジビエが「信州ジビエ」として注目されており、県内各地でホンモノの味を楽しむことができます。

取り組み紹介

「オーヴェルジュ・エスポワール」

オーヴェルジュ・エスポワールは、信州蓼科高原にある信州ジビエが楽しめるフレンチレストランです。日本では、11月15日~2月15日まで狩猟が解禁となり、ジビエのシーズンが始まります。オーナーシェフである藤木徳彦氏は、農林水産省「地産地消の職人」にも認定されており、地域の食材と環境を活かして、そこでしか味わえない美味しい料理や、そこでしか楽しむことのできない空間でのおもてなしを提唱しています。現在、日本ジビエ振興協会代表理事もつとめ、信州の豊かな自然の生態系を守るため、田畑を鳥獣被害から守るため、正しいジビエに対する啓もう活動も行っています。

WEBサイトを見る

「子ども達にも、おいしく安心して食べられるジビエを」

豊かな自然環境が自慢の信州でも、野生鳥獣が増えすぎてしまい、農林業や自然環境にとって大きな問題になっています。おもにシカやイノシシ等が農作物を食べたり、田畑を荒らしたり、スギ、ヒノキやブナなどの樹皮や高山植物を食害するなど、深刻な被害をもたらしています。現在はさらに、シカやイノシシを食べずに野山に廃棄することで、生態系が崩れ始めて、深刻な環境問題になっています。シカ肉やイノシシ肉は、本来美味しいお肉です。継続的に捕獲し正しく食べることがますます必要になっています。現在、手軽にジビエに親しめるようなレトルト食品も開発しています。正しくジビエの理解をし、食肉として食べることで、環境を守り、鳥獣被害対策や地域活性化に貢献できる取り組みを行っていきます。

WEBサイトを見る