ジュニアビレッジ

ジュニアビレッジ

ジュニアビレッジは、地域活性化を目的に、中学生を中心にした10代の子ども達が、農業ビジネスプロジェクトに挑戦するコミュ二ティスクールです。チーム作り、農作物栽培、農作物を使った商品開発、開発した商品の販売、事業報告の一連のプロセスを通じて、イノベーションの本質を学びます。1年間のプロジェクト運営に必要なアイディア発想と思考プロセス、ビジネスデザイン、アグリテックなどのビジネスプログラムをそれぞれの分野のプロたちから学び、様々な分野でイキイキ活躍する地域の大人たちと一緒に、地域の魅力を考え、地域を盛り上げます

取り組み紹介

農業×教育「アグリアーツ®」の提供

農業は、自然科学・人文学・科学技術・環境・経営を横断的に学んでいけるリベラルアーツです。ジュニアビレッジでは、農業を通じて不確実な未来を生き抜く人材育成プログラム「アグリアーツ®」を提供しています。

WEBサイトを見る

地域の農作物に付加価値を付けて新しい商品を開発

ジュニアビレッジは、地域の農産品を使った商品開発をすることで地域の農業活性にも貢献しています。菊川ジュニアビレッジ(静岡県菊川市)では、ハーブを栽培し、新茶以外の高値で取引されにくい菊川産茶葉とブレンドした和紅茶(ハーブティ)を商品化し、茶業活性にも貢献しています。フードロス、産業活性につながるジュニアビレッジの活動は全国に広がっています。

WEBサイトを見る

企業と地域をつなぐ協働プロジェクト・コーポレートビレッジ

ジュニアビレッジは、「学びあいの場」を通じて、企業と地域をつなぎ、企業との協働プロジェクトを行っています。協働プロジェクトを通じて、関係人口を創出し、地域活性にも貢献しています。

WEBサイトを見る
ジュニアビレッジの
サイトを見る