一般社団法人 和食文化国民会議

一般社団法人 和食文化国民会議

平成25年12月、「和食;日本人の伝統的な食文化ー正月を例としてー」がユネスコ無形文化遺産に登録されました。以来私どもは農林水産省をはじめ、関係省庁の協力を得て、その保護・継承を推進してまいりました。平成27年2月には、和食文化の保護・継承に責任を持つ唯一の民間団体として、より公的に責任を負うべく、一般社団法人としてスタートいたしました。現在、会員が主体となった「調査・研究部会」「普及・啓発部会」「技・知恵部会」の3つの部会と『全国「和食」連絡会議』が日々活発に活動を行っております。【調査・研究部会】和食に関する調査・研究を行い、その成果に立った研究発表や書籍の刊行、和食文化に関する講演会や研修会の開催などの事業を担っています。【普及・啓発部会】次世代に向けた「だしで味わう和食の日」、「出前授業」をはじめとする食育活動、「和食」に関する効果的なPR活動、講演会や会員間の交流などの事業を担っています。【技・知恵部会】実践による和食の調理技術の伝承、地域の交流による郷土食の発掘・発信などの事業を担っています。【全国「和食」連絡会議】全国の和食関係者との情報交換や連携、会員内外との国民運動としての「和食」の交流事業を担っています。

取り組み紹介

だしで味わう和食の日

全国的に定着しつつある11月24日「和食の日」を中心に、子どもたちに和食文化に触れる機会を提供する「だしで味わう和食の日」の企画を、2015年より全国の小・中学校、保育所等を対象にして実施してまいりました。年々規模も拡大し、5年目となりました昨年は全国で約9,500カ所、228万人を超える子どもたちに参加いただくことができました。6年目である本年も、この運動をさらに大きくすため、文部科学省、農林水産省、に加え厚生労働省の後援をいただきながら進めております。

和食の出前授業

主に次世代の子どもたちを対象に和食の出前授業27講座を開設し、小学校などで授業を実施しております。

WEBサイトを見る